日日是好日~快適生活

役に立つ生活豆知識、ライフハックなどを紹介するブログ

うさぎは飼い主になつくのか?懐くときの特徴とは?

うさぎは犬や猫みたいに飼い主になつかない、
という事をよく聞きます。

見た目とても可愛くて飼ってみたいけど、
なつかないならつまらないし・・

と思う人もいるでしょう。

飼うかどうしようか迷っている方に結論から言うと、
うさぎはなつきます。

でもとても繊細な動物なので、
犬や猫のようにすぐになついてくれる
という事はありません。

初めのうちは、これってなついているの?
と不安に思うこともあるかもしれません。

でもうさぎはなつく動物なので安心してください。

うさぎをなつかせるにはどうしたらよいかについて、解説します。

うさぎをなつかせるにはどうしたらいい?

うさぎが心を開いてなついてくれるには、
ある程度の時間が必要です。

触ることができるようになるのに大体1週間くらい、
心を開いてくれるまでには1ヶ月以上と思っていてください。

うさぎによって個体差がある事も忘れないようにしましょう。

最初の1週間はそっとしておく

うさぎを買って来たら、
初めのうちはしつこく抱いたりなでたりせずに、
1週間くらいは最低限の世話以外は放っておきます。

そのようにして、まずは新しい環境に慣れてもらいます。

ケージの中に手を入れない

うさぎのケージはうさぎの家ですから、
しょっちゅう手を入れたりしないようにします。

掃除をするにしてもさっと短い時間で終わらせます。

あるいは、うさぎがケージの外にいる時に掃除を済ませます。

掃除をする、エサを入れる等は、
一日のうちの決まった時間に必ずするようにすると、
うさぎもそのサイクルに慣れて来て警戒心が取れて来るでしょう。

うさぎとのコミュニケーションのとり方

ある程度慣れて来たら、
うさぎとコミュニケーションをとるようにします。

なでる

うさぎはなでてもらう事が好きなので、
頭や背中、顔などを優しくなでてあげます。

そのうちにどこをなでられるのが
お気に入りなのかも分かって来ます。

声もかけてあげましょう

うさぎは人間の声の調子で、
ほめられているとか、
やさしくされているとかが分かるようです。

もしうさぎがジャンプをしたり、走ったりしたら、
それを優しい声で何度もほめてあげると、
うさぎは喜びます。

何もしなくても
「可愛いね」とか
「きれいだね」とか
いつも言ってあげるのもいいようです。

おやつをあげるときに名前を呼ぶ

おやつをあげる時にはまずうさぎの名前を呼んで、
それから手でおやつをあげるという習慣を作ります。

そうすると名前を呼ぶと飼い主さんの方へ寄って来るようになります。

※おやつは甘い果物は糖分が高いので、
肥満になったり糖尿病になったりするので控えましょう。

野菜でもキャベツ等糖分が多いものがあるので、
喜んで食べると思いますが、あげ過ぎに注意です。

ウサギの嫌がる○○はしない

うさぎの嫌がることはしないようにします。

うさぎは大きな音が嫌いです。

飼い主さんがいつもの癖で、
ドアをバタンと大きな音で閉めたりしていると、
中々なつかないかもしれません。

臭いにも敏感なので、
強い香りの香水は絶対に付けないようにしましょう。

しつこくされるのも嫌いなので、
四六時中かまっているとかえって嫌がられます。

うさぎがなつく特徴

うさぎが飼い主さんに慣れているかどうかは、
初めのうちはよくうさぎを観察する必要があります。

ですが、そのうちに誰にでも分かる感じに
なついてくれるようになります。

どんな感じになると、
なついているという事になるのでしょうか。

床にお腹をつけてリラックスしている

うさぎはリラックスすると、
お腹を床につけて足を投げ出し、
腹ばい状態になることがあります。

この状態になっているところを見たら、
間違いなく飼い主さんに心を開いているという事になります。

目を細める

うさぎは大きくて丸い目が特徴ですが、
この目を細めたら、
これもかなりリラックスしている状態です。

もし飼い主さんが背中などをやさしくなでていて、
目を細めて来たら、
飼い主さんにしっかりなついている証拠と言えるでしょう。

ブーブーと鳴く

うさぎには猫や犬と違い声帯はありません。

ですが鼻をならして「ブーブー」とか
「ブッ」とか「プープー」という音を出します。

嬉しい時や飼い主さんにかまって欲しい時に、
こういった音を出します。

これもかなり飼い主さんになついている状態です。

飼い主さんの手をなめる

うさぎは警戒心の強い動物なので、
うさぎ同士でさえ滅多になめたりしないようです。

でも飼い主さんにとてもなついていて、
心を開いている場合になめて来たりする事もあります。

あごの下を飼い主さんにすりつけて来る

うさぎが自分のあごの下を飼い主さんにすりつけて来たら、
「この人は私のものです」と言っていることになります。

うさぎのあごの下には臭腺があるので、
そこをすり付けて自分の臭いを付けるという事なのです。

猫等も似た行動を取りますが、
「飼い主さんは私のもの」アピールの表れです。

飼い主さんの後を追ったり、足元を回る

うさぎが飼い主さんの後を追って来たり、
足元をぐるぐる回ったりしたら、
遊んで欲しいという意思表示です。

これはもう、「飼い主さんが大好き」というという事になります。

※うさぎはなつきますが、それぞれうさぎによって差があります。

淡泊な性格のうさぎ、
甘えん坊のうさぎ等
色々いるという事も頭に入れておいた方がいいでしょう。

うさぎがなつくのか?懐くときの特徴【まとめ】

うさぎは犬や猫のようになつかないと思っている人が多いですが、
うさぎはなつく動物です。

始めはなついているのかどうか分からない位の感じですが、
段々慣れて来ると目を細めたり、
「ブーブー」と鳴いたり、
飼い主さんにあごをすりつけて来たり、
後を追って来たりもします。

うさぎは繊細な動物なので、
うさぎを買って来た直後は、
最低限の世話以外はあまりかまわないようにします。

環境に段々慣れて来たら、
積極的にうさぎとコミュニケーションを取るようにします。

なでたり、声をかけたり、
おやつを上げる時も名前を呼んでから
手で直接与えるようにしましょう。

うさぎは大きな音や臭いに敏感なので、
ドアをバタンと閉めたり、
強い香りの香水等はつけないようにしましょう。