日日是好日~快適生活

役に立つ生活豆知識、ライフハックなどを紹介するブログ

記事内に広告を含む場合があります

子猫を拾ったらまずどうしたらいいの?

草むらの中に消え入りそうな声で鳴いている子猫。

見つけてしまったら、そのままにはしておけませんね。

親猫に置いてけぼりになったのか、
誰かが捨てて行ったのか、
そういった子猫に遭遇して、
どうしようと思った人は結構多いのではないでしょうか。

確実に捨て猫だと分かったなら、
まずは動物病院へ連れて行きましょう。

もしすぐに病院へ行けない時には、
家に連れて帰って子猫を温めてあげる事が大事です。

子猫を拾ってしまった時に、
まず何をしたら良いのかを解説します。

本当にその子猫が捨て猫なのかを確認!

たとえ野良猫だったとしても、
親猫が育てている事があります。

捨て猫かな?と思ったとしても、
まずは近くに親猫がいないかどうかを確認しましょう。

人間がいると
親猫はどこかに潜んでしまっている事があるので、
少し離れた所からしばらく観察します。

ずっと親猫が出てこないようなら
一人ぼっちの子猫だという事が分かります。

小さな段ボール箱等に入れて置いてあった場合は、
間違いなく捨て猫だと判断できると思いますが、
そうでない時は慎重に判断する必要があります。

たまたま迷って歩いていて、
実はどこかで飼っているという事もあるからです。

首輪は付いていないか、
毛並みがきれいかどうかで判断が付くと思います。

もしどこかで飼っている子猫なのに、
連れて帰ってしまうと窃盗罪になってしまいます。

近くに住んでいる人に聞いてみたり、
交番に届け出が出てないか
聞いてみるのもいいかもしれません。

子猫を拾ったけど、すぐに動物病院へ行けない時は?

子猫を拾ったのが夜遅くだったり、
近くに夜間もやっている動物病院がなかったなら、
少しの間自宅で看てあげなければなりません。

まずやるべきことは、子猫の保温です。

子猫は体温の調節がまだできないので、
寒さにはとても弱いのです。

子猫は30℃くらいの温度が適温だと言われています。

箱の中にバスタオルや毛布のようなものを敷いてやり、
子猫のそばに布でくるんだ湯たんぽやカイロを置きます。

そしてさらに箱の上から毛布をかけてあげて、
箱の中の温度が30℃位に保てるようにしてあげます。

そばに柔らかいぬいぐるみを置いてあげても
いいかもしれません。

病院へ連れて行くまでは、
なるべく触ったりなでたりしないようにします。

ノミやダニもいる筈ですし、
感染症にかかっていることもあるので、
病院で検査を済ますまでは気を付けなければなりません。

もし子猫に触れる必要がある時には、
ビニールの手袋をしておいた方が安全です。

また、生後何日の子猫かははっきり分からないですから、
食事を与えるのは控えた方がいいでしょう。

お腹を空かせていると思っても、
病院で何を食べさせるべきかを
聞いてからにした方が安心です。

そのためにもできるだけ早く
病院へ連れて行く必要があります。

子猫を動物病院へ連れて行く!

いざ病院へ連れて行く時、
ペットのキャリーバックを持っていない
という事もありますね。

そういう場合は子猫が逃げないように、
ボストンバッグのようなものに入れてあげましょう。

バッグの中に柔らかいタオル等を敷いてあげましょう。

通気が悪いと子猫の具合が悪くなるので、
バッグのチャックを少し開けて、
それでも心配ならバッグに穴を開けても
いいかもしれません。

動物病院では、

  • 子猫の年齢
  • 女の子か男の子か
  • 健康状態
  • 体重

等を調べてくれます。

そしてノミやダニの駆除、
今後病気に感染しないための予防処置等をしてくれます。

色々してくれて今後のアドバイスも聞けるので、
とても安心です。

ですがある程度の費用がかかるという事も、
覚悟しておいた方がいいでしょう。

ではどれくらいの費用がかかるのでしょうか。

動物病院は人間の病院と違って、
料金が一律に決まっているという訳ではありません。

動物病院によって違いますが、

  • 初診料:3,000円
  • 健康診断:5,000~10,000円
  • ノミやダニの駆除:3,000円
  • 予防接種:5,000円

これくらいの費用がかかります。

また、子猫の健康状態が悪く色々な検査が必要になると、
さらに費用がかかりますし、
最悪入院が必要となると
高額の費用がかかると思ってもいいでしょう。

ですがせっかく出会った子猫、
できる限りのことをして保護してあげたいものです。

そして例え保護しても、
自分の家では今後飼えない事情がある時には、
里親を探す必要もあります。

友人や近所の人に聞いてみたり、
里親を探してくれるボランティア団体に
相談してみるのもいいでしょう。

子猫を拾ったらまず何をする【まとめ】

一人ぼっちで鳴いている子猫を拾ったら、
まずは近くに親猫がいないか確認しましょう。

また、どこかで飼っている子猫かもしれない時には、
交番や近所の人に確認する必要があります。

確実に捨てられた子猫だったら、
まずは動物病院へ連れて行かなければなりません。

色々な検査や処置をしてもらえますが、
ある程度費用がかかることも念頭にいれておきましょう。

もしすぐに動物病院へ行けないのなら、
まずは子猫の保温が大事です。

子猫は30℃が適温なので、
カイロや湯たんぽ等で工夫して暖かくしてあげましょう。