日日是好日~快適生活

役に立つ生活豆知識、ライフハックなどを紹介するブログ

フリースの毛並みをふわふわに復活させる3つのステップ

夏の終わり気温が下がってから、
春先の肌寒い日まで重宝する「フリース

誰しも1枚は持っているのではないでしょうか。

最近では、ファストファッションブランドや
アウトドアブランドからさまざまなフリースが販売されています。

しかし、着ているうちに腕の袖口部分や、
脇の下の部分に毛玉ができてしまいますよね。

買ったときより毛並みがゴワゴワしたり固くなったりしていませんか?

着用頻度によってはワンシーズンで、
残念な見た目になってしまうこともあるでしょう。

そんなときは100円ショップでも買える
毛玉取り機とペット用ブラシが便利です。

2つの商品を使ってフリースの毛並みを
ふわふわに復活させる方法をご紹介します。

フリースの毛並みが悪くなる理由

まず始めに、フリースの毛並みはなぜ悪くなってしまうのでしょうか。

フリースの素材はポリエステルが原料となっています。

フリースは着用することによって摩擦が起きます。

摩擦が起きることでふわふわな毛が絡まり固まってしまいます。

特によく動かす腕の袖口部分や、脇の下の部分は、
ゴワゴワして固まりやすくなってしまうのです。

また、洗濯機で洗うことにより、洗濯機の回転で、
自然とフリースの毛が絡まり
潰れてしまうこともあります。

フリースは日々のメンテナンスがとても大切な衣類なのです。

フリースの毛並みを復活させる3つのステップ

では、早速フリースの毛並みを
ふわふわに復活させる3つのステップをご紹介します。

Step1. 毛玉取り機で毛玉をとる

まずは、100円ショップでも手に入る毛玉取り機を使います。

ゴワゴワと固くなって気になる部分に毛玉取り機を優しくあてます。

毛玉やほこりなどを取り除きましょう。

取れにくい毛玉があったとしても手でちぎるのはNG行為です。

Step2. ペット用ブラシで毛並みを整える

次に、100円ショップのペットコーナーにあるペット用ブラシを使います。

毛が倒れている方向と反対方向に優しくブラッシングしていきましょう。

ゴシゴシしすぎると手が抜けてしまいますので、丁寧に行います。

最初はゴワゴワの生地にブラシが通りにくく、やりづらいかと思います。

しかし、繰り返していくとスムーズにブラシが通るようになりますので地道に行いましょう。

Step3. 洗う

最後の仕上げに洗って綺麗にしましょう。

理想は手洗いです。

洗面台やボウルに水をはり、
おしゃれ着洗剤を入れて押し洗いします。

しっかりとすすいだ後は柔軟剤を入れます。

柔軟剤を入れることでフリースのふわふわ感が復活します。

でも、手洗いって面倒ですよね。

そんな時は短時間であれば、
目の細かい洗濯用ネットに入れて洗濯機を使いましょう。

フリースを裏返してネットに入れ、
「おしゃれ着コース」か「ドライコース」で洗います。

洗剤はおしゃれ着用のものを使ってくださいね。

洗い終わった後は日に当たらない場所で干しましょう。

乾燥機の使用は絶対にNGです。

ポリエステルは熱に弱いため、
生地を傷める原因となります。

乾きやすいので乾燥機は使わずに干してくださいね。

以上の工程でゴワゴワで固くなったフリースが
新品のような仕上がりになるでしょう。

毛並みが悪くならないためにできること

フリースは日々のメンテナンスが大切な衣類です。

先ほどの3つのステップを日々行なっていれば、
生地を守ることができます。

  1. 洗う場合は手洗い、もしくは洗濯用ネットを使い、
    「おしゃれ着コース」か「ドライコース」で洗う。
  2. 着用した後は毛玉取り機を使い毛玉やほこりを取り除く。
  3. ペット用ブラシで優しくブラッシングし、毛並みを整える。

常に綺麗な状態のフリースを着用できるよう、
ぜひ取り入れてみてくださいね。

フリースの毛並みを復活させるステップ【まとめ】

ゴワゴワして固くなったフリースの毛並みを
復活させる方法をご紹介しました。

安価なものから高価なものまで、
できれば長く大切に着たいですよね。

100均で買えるもので簡単にできるので、
ぜひ試してみてください。